2日目は、石倉大樹先生(日本医療機器開発機構 取締役CBO)の講義でスタートしました。タイトルは「日本初医療イノベーションのグローバル展開の挑戦」、内容は以下の3つ:

1.JOMDD(日本医療機器開発機構)の概要

2.医療機器・医療イノベーション事業化検討事項

3.医療イノベーションの潮流

医療機器市場、医療機器の開発プロセス、医療機器の事業計画上の鍵となるマイルストーン、デジタルヘルスなどの今後の市場動向など、短い時間の中で、医療機器開発において抑えるべきポイントを分かりやすくご説明いただきました。昨年に引き続きのご講義ですが、皆、刺激を受けたのではないでしょうか。石倉先生、今年もクールにキメてくださいました。講義の後は、チーム作業、メンタリングで午前は終了。

午後のスタートは、柏修平先生(デロイトトーマツコンサルティング)の「事業計画策定」。内容は大きく2つ。「ビジネスモデル構築ワークショップ」と「事業計画策定セミナー」。「ビジネスモデル構築ワークショップ」では、RIZAPを事例に、ワークショップ形式でLean Canvasの作成方法を学びました。RIZAPでLean Canvasを作成した後は、各チーム、それぞれのビジネスアイデアで作成。作成後は、各チームに発表してもらい、メンターも参加してのツッコミタイム。本日最後に、各チームの発表時間があるので、ここではサラッと流していただく予定でしたが、案の定、サラッとは行かず、かなりの盛り上がりでした。「Lean Canvas」、「事業計画策定」共に非常に重要、有用なツールですので、昨年のHiDEPトライアルで入れたかったのですが、時間の都合等で入れられず、今年は組み込むことができて良かったです。

終了後、少しチーム作業、メンタリングの時間を取り、2日間の最後は、各チームの発表です。これまで臨床現場見学や武田総合病院のニーズ集、アイデアボックス等から得たニーズを基に検討した、新しい医療機器、医療サービスの事業アイデアを発表してもらいました。うつ病、サプリメント、姿勢矯正、嚥下障害、リハビリテーションなど、様々なアイデアが発表されましたが、第1回目の発表ということもあり、まだまだ荒削りで、深掘りができておらず、メンターの先生方からは、厳し目のフィードバックが多かったです。9/1の最終発表までには、まだまだ時間がありますので、メンターの方々のフィードバックをご参考に、各チーム、ビジネスアイデアを作り込んでいっていただきたいと思います。次回は、8/4の中間発表です。

石倉先生、柏先生、メンターの先生方、ありがとうございました。受講生の皆さん、2日間、お疲れ様でした。引き続き、がんばってください。

 

HiDEP

http://www.ihk.med.kyoto-u.ac.jp/program

 

Recently POSTS
PAGE TOP